ワクチンなぜ、いまだに根本的な治療法が確立されていない感染症の、治療法確立が急がれるのでしょうか。その理由の一つには、感染症は今の種類のまま推移して行くわけではないからです。世界を見ていれば分かるように、これからも新しい感染症が蔓延して行く可能性があります。

B型肝炎に関しては、感染経路が他の感染症と比べて特殊なので、同一に比べることはできないかもしれませんが、これから少しずつ見つかっていく、そして問題視される病気が出てくるからこそ、すぐに対応するということが求められているのです。たとえば、インフルエンザウイルスは、いわゆる「昔の型」では、今現代においてワクチンを打っている人がウイルスに感染することは無いかもしれません。

然し、そのウイルスは、変化しています。今までの対策では、効かなくなっていることもあるのです。ですから、それらを倒すための技術は、日々新しくなっている必要があり、希望を誰もが持っています。新しい薬が開発されてから、実査にそれが用いられるようになるまでには、ある程度の期間が掛かるでしょう。また、実際に使えるように認定されるのにも時間が掛かります。そういった体制が改善して行くことが、プラスとして求められています。

どんな感染症も、治療は簡単ではありませんが、B型肝炎に関しては特にそうである、と言えるかもしれません。もちろん、有効な治療法はあります。ただし、専門の病院で治療を受けなければならないのです。ですからこのためにも、病院同士が連携を図って、一日でも早く治療を必要とする人が受けられるような体制が強化されていく必要性があります。肝炎には、インターフェロン治療や格段アナログ治療などの治療法があります。それらの治療に関しては、国から補助が出る(高収入者は条件が異なる)ことになっています。

インターフェロンフリー治療聞きなれないインターフェロンフリー治療とは、注射ではなく、専用の経口剤を用いる治療法です。主にC型肝炎の治療に用いられるこれは、インターフェロン治療が用いられない人のためにあります。

この感染症に関しては、まだ完ぺきな治療法が確立していません。ですから、これからも新しい新薬が開発され、より多くの人に渡ることを望みます。新薬が認められる過程は一筋縄ではいきません。しかしそれによって、より多くの人を助けることになれば良い、とも考えています。治療が簡単なものではないからこそ、そしてときに命に関わることがあるからこそ、そう願います。

感染症は、例えばインフルエンザであるなら、その症状はかなり一定しています。個人によって出る症状は、結構似たり寄ったりである、ということです。もちろん、その症状の程度は人によって異なりますが、大体同じような症状が出ることとなります。しかし、B型肝炎の場合、その症状が多岐にわたるため、風邪やインフルエンザと一緒にすることはできません。では、どのような症状が現れるのでしょうか。B型肝炎ウイルスに感染して発症した際、主に3つの状態として現れることがあります。

B型肝炎まずは『急性肝炎』、これはまさにその名の通り、急性のものです。肝機能が低下しますが、自然治癒が可能な状態です。それに対し『慢性肝炎』は、その名の通り症状が長期に及びます。そして、もっとも気を付けなければならないのが、症状が『劇症型』になった場合です。ウイルス性肝炎に感染すると肝臓の細胞破壊、肝機能低下が見られるようになります。劇症型の場合、いわゆる『高度肝機能障害』となって、意識障害やパニック障害など、様々な症状が見られるようになります。この劇症型になると、そこからの救命率が急激に低くなります。これらの症状も、『肝性脳症』という、危険な症状によるものです。

人によって価値観が異なることというのはたくさんありますが、いわゆる病気に関してもそれはそのように言えるでしょう。人がその病気に関してどのような意見を持っているかというのは、私達にとっても誰もが決めつけることができないものです。それが、より重大な結果をもたらしかねない病気であれば、なおさらそうであると言えます。さて、いわゆる「価値観の異なる病気」というのはたくさんありますが、そこにはやはり多くの人がその病気関して重要な知識を持っていないという点もその理由に挙げられるかもしれません。その病気に関して誰もがもっと知ることができるようになれば、いわゆる「価値観のずれ」という隔たりがなくなっていくかもしれません。

B型肝炎今回取り上げる病気というのは、『B型肝炎』です。これに関しては、誤解を持っている方もたくさんいます。感染経路や発症した際の症状、治療方法などに関してまだまだ知らないことが多いという方も少なくないでしょう。

また、B型肝炎の感染条件にあてはまった人は、国へB型肝炎訴訟を起こすことで50万円~3600万円の給付金を受け取ることができます。今回のページからは、その知らないことが多いB型肝炎と、それがどのように解決されていくのか、という問題などについて取り上げていきます。私達は今関係ない問題と考えてしまうかもしれませんが、それについて関心を持って知るということは、より多くの見方を持てるという意味です。そして、感染を避けるために出来るだけのことを、したいと思うかもしれません。そこで、まずはB型肝炎の種類などについて取り上げます。