異なった形態を持つ感染症

ワクチンなぜ、いまだに根本的な治療法が確立されていない感染症の、治療法確立が急がれるのでしょうか。その理由の一つには、感染症は今の種類のまま推移して行くわけではないからです。世界を見ていれば分かるように、これからも新しい感染症が蔓延して行く可能性があります。

B型肝炎に関しては、感染経路が他の感染症と比べて特殊なので、同一に比べることはできないかもしれませんが、これから少しずつ見つかっていく、そして問題視される病気が出てくるからこそ、すぐに対応するということが求められているのです。たとえば、インフルエンザウイルスは、いわゆる「昔の型」では、今現代においてワクチンを打っている人がウイルスに感染することは無いかもしれません。

然し、そのウイルスは、変化しています。今までの対策では、効かなくなっていることもあるのです。ですから、それらを倒すための技術は、日々新しくなっている必要があり、希望を誰もが持っています。新しい薬が開発されてから、実査にそれが用いられるようになるまでには、ある程度の期間が掛かるでしょう。また、実際に使えるように認定されるのにも時間が掛かります。そういった体制が改善して行くことが、プラスとして求められています。